カブ隊 1泊スキー(2日目)

2019年2月24日(日)

カブ隊 1泊スキー(2日目)

湯沢パークスキー場、福松屋旅館(新潟県湯沢町)

2019年2月24日 | カテゴリー : カブ隊 | 投稿者 : 和田 英大

カブ隊 1泊スキー(1日目)

2019年2月23日(土)

カブ隊 1泊スキー(1日目)

湯沢パークスキー場、福松屋旅館(新潟県湯沢町)

2019年2月23日 | カテゴリー : カブ隊 | 投稿者 : 和田 英大

【カブ隊】富里市産業まつり見学とクリスマス会準備

2018年11月18日(土)

カブ隊は、富里市産業まつり見学と、12/16(日)開催のクリスマス会準備を行いました。

産業まつりは、市内で生産・飼養された農畜産物及び商工業製品の即売会が行われます。毎年乗馬体験(100円!)があり、カブ隊も乗馬体験を行いました。

12/16(土)は毎年恒例の富里第一団クリスマス会です!今年のカブ隊スタンツ(即興劇)は何かな??みんな真剣にスタンツを考えてます。

富里第一団クリスマス会では色々な企画、ケーキ作りなど楽しい事がいっぱいです!もしかしたら良い子のところへはサンタさんも登場するかも!?(下の写真は以前の様子です)

ボーイスカウトの活動やイベントにご興味がありましたらトップページに記載の連絡先までご連絡くださいませ。富里スカウト一同お待ちしてます!

2018年11月18日 | カテゴリー : カブ隊 | 投稿者 : 和田 英大

夏期舎営(鴨川青年の家)

2017年8月5日から2泊3日で鴨川に行きました。
途中の市原サービスエリアで珍しい「リュウゼツラン」の花が咲いていました。

翌日は太海フラワーランドで大きな鯛をつりました。

帰りに鴨川青年の家の前で集合写真

活動の写真⇒夏期舎営(鴨川青年の家)

2017年8月8日 | カテゴリー : カブ隊 | 投稿者 : nanae646774

一泊訓練キャンプ

今日から1泊訓練キャンプです。天気は上々、朝から陽が照り付け、汗だくで準備をしました。宿泊用のテントを畑田団委員長から借りることで、最大のピンチを何とかクリアーして、旭共同に集合しました。うさぎスカウトの3人は、初めてテントを組み立てるため、宿泊用は簡単なドーム型テントにしました。隊長が用意した、初めて組み立てるターフから順に設営して、3つのテントを組み立てました。次に、野外調理を開始しました。
内容は、豚丼と野菜スープです。お米は炊飯ジャーで炊き、野菜はうさぎスカウトが担当して刻み、豚丼の味付けはT君のお父さんの最終チェックを経て完成しました。野菜スープはベーコンの塩味が効いていて、玉ねぎ、キャベツの甘味とコショウの辛味がマッチして、冷めてもおいしいスープが完成しました。6時からビーバー隊のキャンプジャックを予定していたので、早めの夕食をみんなで美味しくいただきました。T君は、明日の陸上大会に参加のため夕食後に帰宅しましたが、うさぎスカウトの3人がしっかりとビーバ隊のみんなにスタンツを披露してくれて、4月からの成長をはっきりと感じることができたことがうれしかったです。最後に、みんなで焼きマシュマロを楽しんで、キャンプジャックが無事に終わりました。

  

 

ビーバー隊が帰宅した後は手持ち花火を楽しみ、組長・次長会議を終え、いよいよテントでの宿泊開始です。ここからは想像にお任せしますが、とにかく「寝れない、寝ない、寝たくない」の3人でした。深夜を過ぎても、隊長を寝させてくれない状況でした。隊長談「Uちゃん、寝させてっ」(´;ω;`)
翌朝は、起床してから寝間着のまま散歩に出かけました。牧場には馬の親子が出ていました。仔馬が「何だろう?」という顔でじっとこちらを見ていました。朝食の玉子焼きも自分たちで料理して、バナナなどデザートも完食しましたが、日差しが強くなり始めるとやはり寝不足のせいか動きが悪くなり、ばて気味の様子です。休みを多く取りながら、なんとかテントを撤収し終えて、解散近くになるとさすがに疲れた様子でした。1泊の宿泊キャンプでしたが、うさぎスカウトには長く感じたでしょうか、それとも短く感じたでしょうか?最後までよく頑張りましたし、本当に仲の良い3人です。
T君には、焼きマシュマロ用の炭に火を起こしてもらいました。小見川での宿泊研修を終えたばかりで疲れていたのに、さらに炎天下での火起こしで大変だったと思います。ですが、しっかり組長の自覚が出来ているようで、頼もしいくまスカウトに感謝しています。

活動の写真 ⇒ 一泊訓練キャンプ

鋸山登山

電車の外は曇り空が広がっていましたが、電車の中では明るい笑い声が響いています。
今日は、鋸山へハイキングに行きました。成田から浜金谷までの約2時間が瞬く間に過ぎて、鋸山の登山口までみんなで元気に歩き始めました。みんなの顔にはまだまだ、余裕の笑みと笑い声があります。階段を上り始めて20分くらいから、だんだんと笑い声が減り始め、そのうちに「がんばれ!」の声が多くなり、さらに荒い息遣いだけになり、休憩の回数が多くなりました。途中、傾斜の強い階段や幅の狭い道もありましたが、なんとか約1時間の登山を終えて、日本寺の管理口に着くと、「やった!」の声がありました。

 

 

百尺観音や地獄覗き、頂上からの眺望を堪能した後は、沢山の仏像たちを観察しながら階段を上ったり下りたりで、やっとの思いで大仏様のいる広場に到着しました。お昼ご飯を食べ初めてすぐに雨が降り始め、結構本降りなのでみんなが落ち込むかと思ったのですが、カッパを着ると雨に濡れても平気で境内を歩き回り、はしゃぐ元気はどこから来るのか不思議です。みんなでおみくじを引いて、「末吉」、「中吉」、ただの「吉」とみんなで見せ合って、恋愛、仕事、健康などなど、わいわいさわいでいました。雨降りの中、下山を始めてから約一時間で保田駅に到着。予定より一本早い電車が直ぐに来て、乗車もすることできたのですが、スカウトたちは「次の電車が良い」と叫ぶので乗り過ごし、50分ほど駅のなかでぬれた靴や服を乾かしながら、これまた「わいわいがやがや」と疲れ知らずの様子。帰りの電車では、今までのスカウト達は睡魔に誘われて成田駅まで体を電車の揺れに合わせているのが常でしたが、今年のうさぎスカウトは仲がいいのか3人とも元気で、終点の成田駅まで目が離せませんでした。組長のT君は、隊長や副長、デンリーダーと同じボックスでくつろいでいました。「今年のカブ隊は、とにかく面白いです。」(隊長談)

活動の写真 ⇒ 鋸山登山

2017年6月18日 | カテゴリー : カブ隊 | 投稿者 : nanae646774